‘神様’ タグのついている投稿

御不動様のお祀り方法について

2018年6月1日 金曜日

> ・御不動様の神札(長さ36cm x 幅8cm)を三社造り(箱型)の向かって
> 左側の社の外側に祀っています。
>
> (1)御不動様の祀り方として如何でしょうか?
> (2)御不動様を別で祀る場合どの様な神棚が宜しいでしょうか?

お不動様は神様ではなく仏様としてお祀りいただくことが多いと存じます。
ゆえに神棚に一緒にお祀りすることはないと存じます。
とはいえお祀りする場所が無い場合には神棚をお祀りしている場所(神棚板)に
神棚に向かって左側の少し離した場所に立てかけて置かれることが多いと存じます。

しっかりとお不動様をお祀りいただくのであれば
別に棚板を設けて神様と向い合せにならないように、
また神棚よりは下手に当たる場所に設置いただくのが良いと存じます。

> (3)御不動様を別で祀る場合の器や榊?等のお供え物を顔ぶれはどの様なものがあるのでしょうか?

お不動様は仏になりますので塗りの高坏や
ローソク用の金色やブロンズ色の燭台など用いる事が多いと存じます。
花立には榊でなく生花が多いように存じます。

祀り方としては色々にあると存じますので
お不動様の御札をいただいたところでお祀りの仕方をお教えいただくのが
一番良いと存じます。

御幣を神棚にお祀りする際、神様の方に御幣(紙垂)の表側が向くようにするのでしょうか?

2017年8月4日 金曜日

> 御幣を神棚にお祀りする際、神様の方に
> 御幣(紙垂)の表側が向くようにするのでしょうか?
> それとも拝礼をする人間の方に
> 御幣(紙垂)の表側が向くようにするのでしょうか?
 
一般的には、御幣(紙垂)の表側が拝礼をする人の方へ
向くように置いていただくことが多いように存じます。
 
【御幣の置き方参考例】
 http://ise-miyachu.co.jp/faq/?p=1106

神様とお稲荷様を同じ神棚板でお祀りする場合は?

2016年8月1日 月曜日

> 稲荷様の神棚の位置が悪い場所で神様と同じ神棚(長い神棚)に移そうと
> 考えてるのですがこれはあまりよくないとか注意点など詳しくないので
> 可能であればアイデア等あれば教えていただきたいです?

一般には、一つの神棚に一つの神棚板とされております。

同じ神棚板にお祀りする場合は、神様が上座になるように
(お稲荷様が下座になるように)お祀り下さいませ。

※上下の無い場所でしたら、神棚を真正面から見て
 向かって右側が上座、左側が下座でございます。

【神様とお稲荷様のまつり方について】
 http://ise-miyachu.co.jp/faq/?s=%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E6%A7%98
 ※過去のご質問をご覧いただけます。