神棚・大型神殿

お供え道具

オーダーメイド

御霊舎・先祖まつり

盛り塩

  • 盛り塩

火打石

  • 火打石

屋外社殿

神祭具(調度品)

しめ縄

          


上記配置図は、ひとつの例です。
上記を参考にしていただき
御霊舎の大きさに合わせて三方を配置して下さい。


 ・設置例

その他の御霊社設置例はこちら

 ・祖先のまつり

私たちは祖先から今日まで、永遠の生命でつながっています。 死後、祖霊の中に加わり家の守護神となって、子孫を守護ります。

亡き人の御霊を御霊舎に安らかに鎮めまつって厚くお祭りして 一家の繁栄を祈ることが大切です。

 ・お祭りのしかた

日毎朝夕のお祭りはもとより年の初・年の暮、春秋のお彼岸、お盆、そして祥月命日は とりわけねんごろにおまつり致します。

お彼岸やお盆は仏教行事と思いがちですが、日本の古い先祖祭りの日です。 日本固有の習俗です。

 ・お供えもの

神棚と同じように、米(洗米・ご飯)・酒・塩・水を土器に盛り三方や折敷(縁のとじ目を手前に向ける)に乗せお供えします。他に季節のもの、故人の好物などは是非お供えしましょう。
土器のならべ方例はこちら

 ・祀り場所

家族が常に生活する居間など親しみやすい所がよいでしょう。

 ・年祭について(翌年から一年・五年・・と数えます)

一年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭(一区切)

 ・祖霊拝詞

代代(よよ)の先祖等(みおやたち)(何某の御霊(みたま))の御前(みまえ)を拝(おろが)み奉(まつ)りて

愼(つつし)み敬(うやま)ひも白(まを)さく 廣(ひろ)き厚(あつ)き御恵(みめぐみ)を 辱(かたじけな)み奉(まつ)り

高(たか)き尊(たふと)き家訓(みをしへ)のまにまに 身(み)を愼(つつし)み業(わざ)に勵(はげ)み

親族(うから)家族(やから)諸諸心(もろもろこころ)を合(あは)せ 睦(むつ)び和(なご)みて

敬(うやま)ひ仕(つか)へ奉(まつ)る状(さま)を 愛(め)ぐしと見(み)そなはしまして

子孫(うみのこ)の八十(やそ)續(つづき)に至(いた)るまで

家門(いへかど)高(たか)く立(た)ち榮(さか)えしめ給(たま)へと 愼(つつし)み敬(うやま)ひも白(まを)す