お供えもの-②

水・米・塩・酒の器はひとつも三方にまとめて載せるのですが、
気をつけて頂く点がひとつ。

三方の向きです。

三方は折敷(お供え物を載せるお盆のような部分)と胴といわれる台で
構成されます。

折敷の側面にひとつ、綴じ目のついた面があります。
綴じ目が皆様から見えるように前へ向けます。
つまり神様に綴じ目が見えないようにします。

タグ: , , , , , , ,

コメントは受け付けていません。